唯一仲良くなった同期と、一番好きだった上司が退職してしまいました。

るーとです。久しぶりです。
仕事とモンハンが忙しくてしばらく何も書く気が起きませんでした。ポケモンもしてないですし、アニメとかも全く見なくなりました。

今日はふとモチベが湧いたので最近の出来事でも書きます。
書き溜めた愚痴メモがあるんですが、暗いし長文だるいので一部だけ。

唯一仲良くなった同期と一番好きだった上司の退職

職場では他人との関わりを極力少なくしようとしていて、陰キャオーラを出しているのですが、たまに話したいと思える人がいるのでその人とは話してます。

同期とその上司がそれでした。直属の上司ではなかったのですが、異動やらエリア再編成やらで関わる人が入れ替わりまくっている中で、入社すぐからずっと近かった方でした。
すぐイライラする人間や、自分は遅刻したり仕事放置して帰ったりするくせに人には細かく言う人間が多い中で、温厚で実践的なアドバイスをしてくれる人でした。

同期もすごく良い人でした。
ある時ジュースを奢ってもらう流れになったんですが、僕が「魔剤飲めないんですよね」って言ったときに
「………普通の人間はこれを”魔剤”とは呼ばないですよ?」
ってオタクバレした思い出。
同じ系統のオタク感があって仲良くなれそうだと思っていたんですが、やはりきつかったのか飛んでしまいました。

同期と上司の退職は、寂しくはありますが、僕のメンタルが弱かったわけではなく環境がかなりきついんだということが分かって少し楽になりました。まともな人間こそ辞めるのかもしれないです。

高まる退職の機運

理不尽な仕事量。しかもバイトが来ない。教えてもらってないことができてなく怒られる。人によって言うことが違う。やれって言われたからやったら別の人にやるなって言われる。クソルール追加しすぎて余計回らない。カス。退職の機運が高まっている。

正直この仕事のきつさに耐えてまで給料欲しくないので早く辞めたいです。いつでも辞められるように節約生活してます。稼いだ金使いたくなさすぎてまだクーラーもつけてません。仕事を辞めてしばらくニートするために仕事してます。
以上。

またしばらく何も書かないと思います。次書くときは退職報告ですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました